【初の試み!!スタッフ育成プログラムの作り方】
自然解説指導者養成講座

~「集合研修」の成果を「現場業務」で活かし、「業務の評価」まで体験する総合型研修!~
自然解説指導者養成講座

多くの自然ふれあい施設では、
「若手スタッフをいかに自然解説指導者(インタープリター)として育てていくか」
という点に、悩みを抱えているのではないでしょうか
今回の研修では、若手スタッフ育成に伴うさまざまな課題に対して、
どういった人材育成プログラムがそれぞれの施設(組織)に合ったものなのか
を考えていきます


◆日時:2013年11月29日(金)~12月1日() 2泊3日
 *講座後に通信教育をへて修了となります(詳細は自然解説指導員養成講座 開催要項(PDF 250KB)をご確認ください)

◆場所:栃木県 日光国立公園 那須高原ビジターセンターおよび那須平成の森

◆テーマ:OJTを含めた若手スタッフを育てる人材育成プログラムの作り方

◆対象:日常的に経験年数の少ない若手スタッフに対して、人材育成プログラム(OJTを含む)を実施している中堅職員および同等の経験をもったボランティアスタッフ
※拠点の施設はないという方も含みます
※「これから人材育成をしたい」という方は含みません
※次年度に異動、退職が確実な方は対象外となります

◆定員:20名(最小催行人数 10名)

◆参加費:35,000円
※2泊3日分の宿泊・食費(6食分)、通信教育費も含みます
※お支払方法は、事前の銀行振込もしくは当日現金でのお支払いとなります
※領収書が必要な方は予め「宛名」および「但し書き」をお知らせください

◆申込み締切:11月19日(火)11月24日() ※締切延長しました!
※定員になり次第受付終了
※事前案内については実施日の2週間前を目安に郵送にてお送りいたします

◆主催:環境省関東地方環境事務所

◆実施団体・講師: 
若林正浩(わかばやし・まさひろ)
(公財)キープ協会/日光国立公園那須平成の森フィールドセンター長
古瀬浩史(ふるせ・こうじ)     
(株)自然教育研究センター/日本インタープリテーション協会

◆開催要項
こちらからダウンロードできます
自然解説指導員養成講座 開催要項(PDF 250KB)

◆申込み方法:
以下の項目をご記入いただき、FAXにてお申込みください

FAX記載内容 自然解説指導員養成講座 申込み依頼
1.お名前(ふりがな)
2.性別
3.ご年齢
4.ご連絡先の住所とお電話番号、メールアドレス
5.施設名と所属団体
6.現在の役職名と現職の経験年数
7.参加の動機
8.領収書の要不要
  *必要な方は「宛名」と「但し書き」を明記
9.アレルギーについて(例:卵、ハチ、医薬品など)
  *ご希望に添えないこともございます
FAX番号 那須平成の森フィールドセンター
0287-74-6809

◆お問合せ先:
日光国立公園 那須平成の森フィールドセンター(担当:川村悦子、本間裕子)
〒325-0302 栃木県那須郡那須町高久丙3254
TEL 0287-74-6808 FAX 0287-74-6809

コメントは停止中です。