ホーム » お知らせ » この記事

【那須ビジ便り】バイカツツジが咲きました

二日前の7/7は七夕、二十四節気の「小暑(しょうしょ)」でした。
暦の上では「暑中」となり、暑中見舞いの季節となります。


さて、先日に弁天吊り橋の改修工事が終わり、開通したというので様子を見に行ってまいりました!
那須ロープウェイ山麓駅の少し手前、休暇村那須さんの向かいに降り口があります。
(ところで気になったのですが、柱の穴ってキツツキ類が開けたものでしょうか…?)


山道を少し降りると、橋のたもとに。


降りてくる階段も、周辺が綺麗に改修されていました。


橋を渡って、これまたきれいになった展望台へ。

茶臼岳が目の前に。
気持ち良いですね~


森もすっかり、緑が多くなっていました。

オオカメノキなど春の花も、今は実に。
このあと黒く熟します。


花も端境期で少ないな…

とか思いながら、足元を見ると、草の上に散る小さな花たち…


顔をあげたら、バイカツツジが咲いていました!

ツツジ科ツツジ属の、わずか花径1.5㎝ほどの小さな白いツツジ。
いっぱいに広がった葉の下に隠れて、うつむくように咲いているので、散って初めて気づくことの多い花です。


小さくても、いかにも「ツツジ」といった形をしています。

これが梅の花に似ているので「梅花躑躅」とか。

那須周辺のツツジ属、いわゆるRhoddendronと呼ばれる仲間では(高山地帯のものをはぶき)、比較的遅くに咲きます。
この花が咲くと梅雨ももう終わりかな?と感じますね。

夏がやってきますよ!
(遠山)

本文へ

那須平成の森
那須平成の森基金