ホーム » お知らせ » この記事

【那須ビジ便り】朝日岳登山道 霧氷の世界

 

気づけば「大寒(だいかん)」も過ぎ、いつの間にやら明後日から2月。
いよいよ厳冬期の那須高原です。

さてさて、再び那須岳の仙人・S様より登山道情報をいただきました!
1/20の朝日岳周辺の様子です。

(画像のご提供:那須町・S様)


おなじみ、朝日岳山頂からの茶臼岳。

前回1/13の記事よりも、さらに雪が増えて白さが増していますね~

 


熊見曽根からの三本槍岳方面。

わきから旭岳がぴょっこり顔を出しているのが可愛いです(^^

 


そして木々には、樹氷(じゅひょう)がびっしりと。

霧氷(むひょう)の一種で、主に極寒の高山地帯で、空気中の水滴(過冷却状態)が物に付着して出来るもののうち、特に樹木について育ったものを指すのだそうです。
この日は風が穏やかだったためか、とても育っていますね。


そして、風が強いと、こんな風になびいた形で成長します。

通称「エビの尻尾」。

 

こんな氷と風の芸術が見られる冬の那須連山。人気の冬山です♪
ただし、風が強烈な事でも有名なので、風にあおられての転倒には十分ご注意ください。
天候次第では、ご計画の変更も検討いただけたらと思います。

もちろん穏やかな天候でもアイゼン・ピッケルは必須ですよ!

 

    
★おまけ
この日はニホンカモシカが見られたそうです!
暗色系の毛色の個体ですね。
こんな雪の中もたくましい!会ってみたいな~

(遠山)

★画像はクリックすると拡大されます★
☆<那須ビジ便り>は下記のランキングに参加してます。
お気に召されたらポチポチポチッとリンクを押してください♪
***にほんブログ村☆自然学校・ネイチャースクール
***にほんブログ村☆自然体験
***にほんブログ村☆自然観察