ホーム » お知らせ » この記事

【那須ビジ便り】6/19沼ッ原湿原 お花開花状況

 

 

 

6月も気づけば後半に。一昨日6/21は夏至でしたね。

さてさて、6/19は梅雨の晴れ間に、沼ッ原湿原にお花の様子を見に行ってまいりました!


ひさびさの沼ッ原は、すっかり初夏の様相。
レンゲツツジも花期ほぼ終了、数株が残っていました。
(6/19の状況なので、今はもう完全終了していると思われます。)

 


コバイケイソウが咲き始めていました。
花数も多く、今年は当たり年ですかね(^^♪


フィボナッチ数列のような、コバイケイソウの花穂。
漢字で書くと「小梅蕙草」。
花が梅に似ているということで梅という字が入っていますが、梅は花弁が5枚。こちらはユリ科ということで3の倍数の6枚。

 


サラサドウダンも花期終盤、散り際でした。


コバイケイソウの葉に散るベニサラサドウダン。

 


ニッコウキスゲは、蕾も膨らんでいました。


…と思ったら、あれ!(゚Д゚;)
気の早い一株が咲いていました~

 


ちりちりと白い花火のようなカラマツソウも、開花初確認。

この花が、落葉松(カラマツ)の葉に似ているので、「カラマツソウ」だそうです。
蕾にほんのり紅が射していて、とても可愛いです♪


近い仲間のミヤマカラマツとの見分け方は、葉柄の付け根に耳たぶのような大きな托葉があること。
ミヤマカラマツには托葉はありません。

写真のは2枚ひろがっていて、まるで象の耳のようですね(笑)

 

湿原はこれから、ユリ科や小さなラン科の花の季節となります。
楽しみですね~♪
(遠山)

★画像はクリックすると拡大されます
☆<那須ビジ便り>は下記のランキングに参加してます

お気に召されたらポチポチポチッとリンクを押してください♪
***にほんブログ村☆自然学校・ネイチャースクール
***にほんブログ村☆自然体験
***にほんブログ村☆自然観察