ホーム » お知らせ » この記事

【那須ビジ便り】那須湯本まで紅葉が降りてきました

11月に入りました。

先日、10/31には茶臼岳も初冠雪を確認、11/8には二十四節気の「立冬(りっとう)」を迎えます。
駒止の滝の紅葉もほぼ終了し、紅葉前線は湯本まで降りてきました。

というわけで今日は、那須高原ビジターセンターから湯元市街地をつなぐ、東公園湯本歩道の様子を見に行ってきました。


センターの駐車場から、山の斜面を降りていく遊歩道。
綺麗に色づいています(^^

 


湯本の温泉街を見下ろしながら、山道を歩いていきます。

遊歩道周辺はツツジやナラ類の紅葉が多いですが、下の温泉街の方はカエデ類が多く、鮮やかな朱色が遠く見えます。

 


ここで特に色が目立つのが、アブラツツジの深紅の紅葉。
黄色い果実の房も彩を添えていて、とても綺麗です(*゚∀゚*)

 


こちらも、深いえんじ色のバイカツツジ。

 


もちろんカエデ類もありますよ!
明るい色に色付いています。

 

そして、ビジターセンター園地の木々も色づいています。


ゴヨウツツジ(シロヤシオ)も深紅に紅葉。


コナラも、若木のうちは鮮紅色になることも。


サラサドウダン


ニシキギも、「錦木」の名のごとし。

 

四日後の11/8は那須岳閉山式。
山にやってきた冬に押されて、秋が里に降りてまいりました。
甲子のほうでは、雪割橋周辺も紅葉見ごろという情報です。

やがて冬もあとを追いかけてくるでしょう。
今だけの那須連山の美しさ、ぜひ見に来てください。

(遠山)

 

★画像はクリックすると拡大されます★
☆<那須ビジ便り>は下記のランキングに参加してます。
お気に召されたらポチポチポチッとリンクを押してください♪
***にほんブログ村☆自然学校・ネイチャースクール
***にほんブログ村☆自然体験
***にほんブログ村☆自然観察