ホーム » お知らせ » この記事

【那須ビジ便り】ふたたび姥ケ平の紅葉

前回の翌日10/2に今度は、日中の姥ヶ平の写真を撮りに行ってきました!


朝日岳の紅葉も見頃です。
良い天気ですね~♪


ロープウェイ山頂駅から牛ヶ首まで、テクテク歩いていきます。

前方に見える牛ヶ首の東側斜面(高雄~牛ヶ首コース)も、良い感じに色づいていますね。
この斜面の牛ヶ首を挟んで裏手が、姥ヶ平になります。


牛ヶ首から姥ヶ平を一望。
窪地の真ん中あたりに見える裸地が、姥ヶ平の休憩地です。
ひょうたん池はその少し奥。

さて、降りますか。


ザラザラと崩れやすい火山礫の斜面を下っていきます。

いい感じになってきていますね~♪
右の真っ赤に色づいているのは、ミネカエデ。


ベリーの仲間も登山道を彩ります。
上から、ガンコウラン、シラタマノキ、コケモモ。


姥ヶ平とうちゃく!


ふりかえると、おお!なかなか良いではないですか!(*゚∀゚*)
陽をいっぱいに浴びた茶臼岳をバックに、紅葉が映えますね♪


しかし、いつ見ても不思議な姥ヶ平の光景。

砂礫の裸地の中に、ガンコウランとシラタマノキがグリーンカーペットの島のように丸く生え、その中にハイマツが生えています。
まるで美しく整備された公園のようです。


では、次はひょうたん池にでも。
 

三斗小屋温泉に向かう登山道を進み、少ししてひょうたん池の木道のわき道に入ります。
ハイマツなどの針葉樹、アカミノイヌツゲなどの常緑樹の灌木の林を、木道は抜けていきます。牛ヶ首周辺のとは全く違った植生ですね。


ひょうたん池の展望台より。
カンバ類の葉は、まだまだ緑の印象。


10/2時点で、色づいている主なものは、ツツジの仲間。


マルバシモツケなど、バラ科の木本も紅葉しています。

 


カエデ類も鮮やかに色づいている株はありますが…


ほとんどは、このようにまだ緑ばかりの印象でした。

カエデ類が色づいてくると、ピークを迎えるのでしょうね。

 


なぜか、紅葉しつつもわずかに咲き残っていたホツツジ。


帰りに、西日に照らされた朝日岳と鬼面山の稜線。

すでに見頃に入っていますが、ピークは今週末~来週半ばになりそうでしょうか?
今日の雨で傷んでいないことを祈ります。

明日から、かなりの道路の混雑が予想されますが、みなさまお気をつけてお越しください。

明日はお天気は回復するという予報です。晴れますように!

(遠山)

★画像はクリックすると拡大されます★
☆<那須ビジ便り>は下記のランキングに参加してます。
お気に召されたらポチポチポチッとリンクを押してください♪
***にほんブログ村☆自然学校・ネイチャースクール
***にほんブログ村☆自然体験
***にほんブログ村☆自然観察