【那須ビジ便り】ツツジ前線が登っていきます。

暖かい日も続き、春もうららの那須高原です。

ふもとの田んぼでは、大型連休中に田植えも始まっています。


田に水が入り、水鏡のよう。
今の季節だけの光景ですね。

さて、標高800m強の那須ビジ周辺も、新緑が始まっています。

隣接する東公園湯元歩道の様子。
気持ちいいですね~♪


林の中では、オオカメノキ(ムシカリ)の大きな花。



この時期、窓口で増えるお問い合わせが「道路沿いの林で咲いている大きな白い花はなんですか?」
その正体は、ほとんどがこのオオカメノキの花序です。
小さな花が集まった周りを、花弁を持つ装飾花がぐるりと取り囲む、アジサイそっくりな形ですが、アジサイとは違う種類の仲間となります。


園地では、スミレ(マンジュリカ)が咲き始めました。
の気品のある紫、スミレの中の「スミレ」といった風情です。

でも、舗装道路やコンクリートの割れ目からでもワッサーと花を咲かせる、とてもたくましいど根性スミレなのです。


ハルリンドウも、芝生で群落を作っています。
今年は花数が多いですね。
鮮やかなブルーが、眼を惹きます。


と思ったら、構内でフデリンドウの群落も発見!
去年は一株しか見つけられなかったので、びっくりです!


さらに、レンゲソウも発見!!
こちらも構内で(私が)初確認です。

思ってもいなかった花が次々見つかるので、もっとちゃんと探したらいろいろ種類が見つけられそうですね~♪
 

そして昨日5/5、隣接の東公園湯元歩道でトウゴクミツバツツジの開花を初確認です!

まだ色彩の少ない林の中で、鮮やかな濃いピンクがまぶしいです。

葉が開くより先に咲き始めるので、一層目立ちますね。


ちなみにこちらが、トウゴクミツバツツジの葉。
まだ開きかけですが、3枚セットになっているのが判りますでしょうか?
漢字では「東国三葉躑躅」。この葉が名前の由来の一部です。


ヤマツツジも間もなく開花です。

ツツジ前線が、高原を登っております。
八幡も、あと1週間~10日後ぐらいから見ごろでしょうか?

そんな八幡のつつじ園地で、5/11(土)に自然観察会「野の花ガイドウォーク」最終回を開催予定です!
午前、午後の2回ありますので、ぜひご参加ください♪
 
(遠山)

★画像はクリックすると拡大されます
☆<那須ビジ便り>は下記のランキングに参加してます

お気に召されたらポチポチポチッとリンクを押してください♪
***にほんブログ村☆自然学校・ネイチャースクール
***にほんブログ村☆自然体験
***にほんブログ村☆自然観察