ホーム » お知らせ » この記事

【那須ビジ便り】那須岳をめぐる空2

 

二十四節気の立秋(りっしゅう)も過ぎ、全国各地で夏の大祭が開かれる時期になりましたね。

お盆に入り、夏真っ盛り!…と言いたいところですが、連日のしっとりした空模様。
晴れた空を見たいな~ということで、梅雨明けしてからの那須岳周辺の空を振り返ってみました。


玄関から。茶臼岳の上を雲がもくもく、夏の空。


七月初旬には、那須街道沿いのネムノキが花期に。

今年はことさら色が濃く感じられて、青空に映えていましたよ。


日没後の夕立の後。

那須連山の後ろから、光芒が。



上空の大気が動く日は、いろいろな雲が出ました。


抜けたような青空の沼ッ原湿原。

遠くに会津の山々が並びます。


7月下旬、ニッコウキスゲが見ごろだよ、と聞いて大峠へ。
下郷から登り始めてすぐ視界が開け、会津の空と山々が一望に。


大峠~流石山~大倉山は、天上のお花畑でした。





8月に入り、雨続き。

久々に晴れた日は、すきを見ては玄関に出て空を撮ったり。

今朝は霧かな…


と思ったら、10分後にはこんな青空。

そのあとまた濃霧、という不思議な日もあったり。

 
夏もいろいろな顔を見せてくれる那須岳でした。

那須甲子に遊びにいらした際は、ぜひ空を見上げてください。
(遠山)

***画像はクリックすると大きなものが観られます

本文へ

那須平成の森
那須平成の森基金